商品紹介

EDB

edb_00

サイズ 横78mm × 縦98mm

価格: 税込2000 円
 

マニュアル・ドライバ類をまとめてダウンロードされる方は こちら


はんだ付けから学ぶ教材の第2弾です。
ある先生の「Arduinoを使ってプログラミング言語を学べる教材はありませんか?それもできたらはんだ付けで作るところから・・」というお話しから開発が始まりました。

コンセプト

学校の技術科、工業科でArduinoを使ったマイコンプログラム学習を行う時に、使いやすいもの、指導しやすいものを意識しました。
もちろんマイコンプログラミングを自習したい方が使っていただいても構いません。
はんだ付けの道具だけ用意してもらえれば、今日からマイコンプログラミング学習が始められます。
そして「作る」「学ぶ」から「使う」まで、最大限活用できるように考えました。

内容

Arduinoは世界的に普及していますが、ボードそのものにはLEDがあるだけでこれで何かしようとすると別に入出力パーツやブレッドボード、ジャンプ ワイヤーなどを用意しなければなりません。
このキットの中にはマイコンを始め基本的な入出力機器、PC接続用のケーブルが含まれています。

00_kit

マニュアルはホームページよりダウンロードしていただきます。はんだ付けの方法、組立の順序、USBドライバーのインストールに加えてプログラミングを一 から学ぶチュートリアルも用意しております。
また先生方がチェックするときのポイント、間違えたり壊したりしてしまった時の修理方法も書かれています。


edb_00_txt01 edb_00_txt02
説明書
edb_manual_180314.pdf
プログラミングチュートリアル
edb_tutorial_180901.pdf
指導者向け組立チェック資料
edb_manual_check_180314.pdf




この教材でできること

これだけで入出力、デジタルアナログなど基本的なことは全て学ぶことができます。

<出力>

  • フルカラーLEDによる表示、調光
  • ブザー音の発声。 周波数可変による音階の表現
  • 7セグメントLEDを利用した表示

<入力>

  • ボタンによるデジタル入力
  • ボリュームによるアナログ入力
  • センサーによる明るさ検知


実践をもとにした便利な機能

このキットはすでに複数の学校で使っていただいております。そこでの意見を参考にいくつかの工夫を加えました。

部品のリードを曲げるツール

bend01bend02 bend03

部品取付けミスを少なくする工夫があります。


同じ抵抗の位置をまとめたり、部品の向きの指示を細かく入れてあります。 万一間違えてしまった場合もリカバリー方法をマニュアルに記してあります。


プログラミング時にわかりやすいよう部品にマイコンピン番号(D0~D13、A0~A7)を記載。


拡張性

授業だけでなく、クラブ活動や個人工作でも最大限活用してもらえるよう拡張性を持たせてあります。


ボード上下にある入出力部を切り取ると、Arduino Uno(一番普及しているArduinoボード)と同じ形になります。

ソケットを追加すれば 多数あるArduino用拡張ボード(シールド)が 使えます。コンデンサと外部電源でUSBから の給電なしに単独で使用できます。それようのACアダプタや電池ボックスをつなぐ端子があります。


切り取った入出力部も、ピンをつければ入力シールド、出力シールドとして本機やArduino Unoで再利用できます。









簡単な回路を追加できるよう、基板上にフリースペースを設けてあります。






Arduino Unoを何かに取り付けるのは取付ねじ位置がバラバラでやりにくいものです。
このキットは市販のユニバーサルボード(3.2mm穴5mmピッチ)に合わせた取付穴を用意してあります。





組み合わせ作品例

外部拡張する際に守っていただきたいこと

本基板のマイコン入出力ポートの空きはD3とA3~A7です。これらの空きポートにはそのまま機器を接続しても問題ありません。
その他のポートに機器をつなぐ際には必ず基板の入出力部分を切り取ってください。
一つのポートに複数の機器をつなぐことは動作不良の原因になるだけでなく、配線のショートによって思わぬ事故につながる恐れがあります。



<おことわり>

製品の基板色はブルーとなります。
色やデザインについては今後も変更される場合があります。